2013-03

旅を終えた後。。。

というわけで、3月からペ天使…じゃなくって。。。
堕天使…でもなくて。。。
そうそう!白衣の天使やってます(笑)

チャリ旅に行く前、友人に「ちゃんと帰ってきて、ちゃんと働くんだよ。海外に行った人は、日本で働くことがバカらしく思えてまた行っちゃうから。」って言われた。
その時は、ありえない!!って思ってたけど。。。

今はその言葉の意味が分かる。
恥ずかしながら私、ちょこっともぬけの殻状態なんです(苦笑)

「働くことがバカらしく思える」
これは全く思わない。

だけど、旅は毎日が新鮮だった。
新しいことの連続!

「じゃ、また旅に出よう!!」
とも、今は思わない。

だって1度やってしまったから、同じ条件じゃ満たされない気がする。
じゃあ何がしたいんだろう??ってずーっと考えてたら、思い出したことがある。

アフリカにいて思ったこと。
それは、夢や希望がなくても笑って生きられるっていうこと。

自分にできることをコツコツと。
目の前にあることをコツコツと。

旅に出る前の私は、夢や希望がないってグチグチ嘆いたり、探すのに時間を費やしてきた。
夢や希望を持ってる人に引け目を感じていた。

でもアフリカにいると、こんな私でも羨ましがられたのだ。
できることがあることがどんなに恵まれていて、どんなに素晴らしいことか教えてもらった。

だから、こういう生き方もアリだと思った。
どこにいても、何をしてても、自分次第!!

そしてもうひとつは、世の中は不平等だっていうこと。
努力の有無に関係なく、生まれた環境によって不平等だ。

日本では助かる理由で、死んでいく。
冷たいジュース、チョコレートを知らずに死んでいく。

暑くて痒くて眠れない日は、季節が変わるのを待つしかない。
のどが渇いても、日陰でジッと我慢するしかない。

生まれた国が違えば勉強嫌いの私は学校に行かされ居眠りをし、勉強をしたいあの子たちは学校に行くことはできない。
皮膚の色が違えば私は50ドルで、私より若いあの子は10ドルで求められる。

彼女たちは決して不幸ではない。
そんなことは彼女たちを見ていれば、分かる。
でも不平等だ、とは思ってしまう。

申し訳なくなるくらいに、私は恵まれている。
それなのにグチグチ言うのは私で、彼女たちは豪快に笑っていた。
私はそんな彼女たちが大好きだ。

だから私は少しでもこの不平等な差を縮めたかった。

でも私には「物」しかなかった。
その場しのぎの「物」だけ。

だから。。。
今は旅じゃない!!

私にできることをコツコツやって、「物」じゃなくて「力」を身に付けて。

そして世の中が不平等なら、差を少しでも縮めてやりたい!!

アフリカでも、日本でも、私の手の届く範囲から。

って思ったことを、思い出した。

だからチャリ旅が第1章とするのなら、第3章に向けてそろそろ第2章を歩み始めないといけない。

人生という名の旅はまだ続くのだから。。。

っていう、くっさ~い台詞でこの長々続いたこのブログを閉めたいと思います(笑)

長い間、本当にありがとうございました!!!

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Orange☆

Author:Orange☆
今年、めでたく三十路の仲間入りを果たしたOrange☆と申します。
8月からチャリを持って、世界をちょこっと旅しようとかと思っている者です。

以後、お見知りおきを♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (294)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR