2017-05

south of SENEGAL and GAMBIA part5

<difference:違い>

18日かけて走ってみて強く感じたのは、difference。

「そこは暑いからこっちに来なさい。」
「これを飲みなさい。」
私が動くと、扇風機も一緒についてくることもあった。
自分たちは何も飲んでないのに、私の目の前には水の入ったコップが常備されることもあった。
「ここは蚊が多いから。」と言って、蚊取り線香を持ってきてくれる人もいた。

「みんなは暑くないの?喉乾かないの?かゆくないの?」と聞いたことがある。
すると、「暑いし、喉も乾くし、かゆいよ。でも、ずっとここで暮らしているから、ちょっとだけだよ。でも、お前はすごく感じるだろ?」と返ってきた。
違うということはおもしろくて、違いを知るということは思いやりに繋がるんだな、と思った。

でも、違うということは腹が立ったり、悲しくなることもある。


~例えば、セネガルの女の子と話していた時のこと~

私「セネガルの男性は挨拶の次に、”結婚しよう!white peopleと結婚したいんだ!”って言ってくるけど、私の名前も知らないくせに何で?嫌な人だったらどうしよう?ってworry心配じゃないの?」

マ「??」

この会話を聞いていたセネガルの友人が「この子はworryを知らないんだ。」と言って、「仕事がなくなったり、お金が無くなったりする時のことだ。」って説明しだした。
worryという単語じゃなくて、感覚を知らない人がいることにびっくりした。
この会話をした時に、たまに感じてた違和感に納得できた。

感覚以外にも違うことはたくさんある。例えば、
●対人関係の持ち方(血が繋がってなくても家族で、名前を知らなくても友達。お金がある時は奢ったり、シェアする。)
●お金の使い方(自分のお金は家族や友人に分けるのが“当たり前”。お金ないのよ~”って言ってご飯は我慢するのに、たばこ・お酒・ジュース・携帯のSIMカードは買う。)←私は「自分が使ってもいい」と思った時・相手・モノを使いたい。お金がない時は節約する。
●宗教(神を信じてるから大丈夫。)←私は、自分のことは自分でしないといけないと思ってる。

違うということは、おもしろさや感動がある。
でも、片方の持っている感覚や価値観をもう片方が知らないと、理解しあうことが難しいということも感じた。

感覚や価値観は目に見えない、形のないものだ。
「相手の持ってない」、「目に見えないもの」を「日本人の感覚にピッタリくる表現のないフランス語」で理解しあうのは不可能なんじゃないかと、思ってしまう。(それ以前に、私のフランス語力は低すぎるけど…。)

情報は頑張れば、言葉で伝えることができる。
でも、目に見えない”感覚”を伝えるのは難しい。
その感覚を形成する要因:育った環境・文化・宗教を知らなければなおさらだ。

そして、相手の感覚を受け入れることはできても、倣うことはできないこともある。

この先、どうやってdiffrenceと付き合っていくか?
贅沢な悩みに頭を抱えてる日々です。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Orange☆

Author:Orange☆
今年、めでたく三十路の仲間入りを果たしたOrange☆と申します。
8月からチャリを持って、世界をちょこっと旅しようとかと思っている者です。

以後、お見知りおきを♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (294)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR