2017-07

Mali part1

Kayes-Diamou-Gamgouterie-Bafoulabe-Oualia-Toukoto-Kita-Soribougou-Bamako-Ouelessebougou-Diallo bougouda-Bougouni-Koumantou-Sikasso-Loulouni-Zegoua(国境):1140km

●マリは毎日緩やかなアップダウンの繰り返しでした。
●Bafoulabe前後は川をピローで渡ります。各500CFA。10分弱。
●Bafoulabe~Kitaまでは未舗装。比較的平らで硬いから、走りやすい。

マリは年間を通して一番暑い5月を避け、雨季の始まる6月に走ったが、最初の10日間くらいは暑かった…。
日中最高45℃、夜は35℃なんて日もあった…。

セメントの家は熱がこもりやすく、窓は小さくて1つしかない家が多い。
扇風機やクーラーのない人は外にベッドを出して寝ていた。

家の中よりは涼しいけど暑いのには変わりなく、地域によっては蚊が多くてダブルパンチ…。
みんなたくさん寝返りをうったり、携帯電話をいじったり、ため息をついたり。
私だけじゃなく、みんな寝不足だ。

だけど、みんな元気!元気!元気なんです!
なんでなんだろう?

よーく見ていると、みんなは太陽と共に生活していた。


DSCN1057_convert_20170717065045.jpg

どんなに眠れなくても、明るくなる6時くらいから活動開始。
大きな仕事は午前中に済ませる。

13時~17時までは省エネモード。
もちろんこの時間も働いている人はいるけど、日陰で小休憩をしている人が多い。
一番暑い時間帯なんだけど、蚊が少ない時間帯なのと、午前中の疲れと、昼ご飯後の満腹感で深く眠れる気がする。

RSCN0978_convert_20170717064704.jpg

17時から活動再開。
小休憩のおかげか、みんな元気!

そして夜。
眠れるかどうかは天気次第。
まさしくインシャアッラー、だ。
(イスラム教徒が未来のことを言う時に添える言葉。”もしも神が望むなら”という意味。)

暑い時は動かない。
涼しい時に動く。

だるい時も動かない。
眠れるときに眠る。

日本社会でこのまんまのスタイルはできないけど、自然と、自分の身体と、対話しながら生きているようなこのスタイル。
同じ日なんて一日もなく、その時その時を感じ、合わせて過ごす。
自律できないとただのナマケモノになっちゃうんだけど、自分が自然と繋がっているようで面白いやら、嬉しいやら。

(でも、夜はぐっすり長く眠りたいと毎日願う私もいるのですが。笑)

良い時間を過ごさせてもらいました。本当に。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://mocotachachamaru.blog.fc2.com/tb.php/334-29987a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Mali part2 «  | BLOG TOP |  » SENEGAL 情報

プロフィール

Orange☆

Author:Orange☆
今年、めでたく三十路の仲間入りを果たしたOrange☆と申します。
8月からチャリを持って、世界をちょこっと旅しようとかと思っている者です。

以後、お見知りおきを♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (286)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR