FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ethiopia part2

5年前。
エチオピアに来てから好きになったものが2つある。

1つは山岳地帯を見ること。
もう1つは、コーヒーだ。

RSCN1143_convert_20180103033933.jpg

エチオピアにはコーヒーセレモニーといって、茶道の珈琲版のようなものがある。
いい香りのする乳香を焚き、コーヒーを淹れておもてなしをしてくれる。

生豆を炒って、棒で砕いて、可愛らしいポットに水と一緒に入れ沸かし、上澄みを飲む。
この粉砕した豆の舌触りと、コクにはまった。



今回は、このコーヒーの木を見るためにKafaカファ地区に行くことにした。
まず向かったのはBongaボンガ.

Kafaはコーヒー発祥の地とも言われていて(コーヒーという名前もkafaからきてるという説もある)、その中でもBongaはワイルド・コーヒー・フォレストで有名らしい。

DSCN1198_convert_20180103035427.jpg

人間の手を一切加えないワイルドなコーヒーの森。
苔もそのまま。
のびのびと伸び放題!

DSCN1196_convert_20180103074200.jpg

コーヒーの実は緑色から赤色に変わったら摘み取るそう。
ただ、ワイルドコーヒーは背が高い木もあるので、自然に落ちてきた実を拾うこともあるそうだ。

DSCN1186_convert_20180103041250.jpg

そして、収穫されなかった実が、新たな木として成長する。
こうやって自生を繰り返すのが、ワイルド・コーヒー・フォレスト。



次に向かったのはJinmaジンマのプランテーション。

DSCN1320_convert_20180103085440.jpg

ワイルドなコーヒーと違って、収穫しやすいように背が低め。
そして人が植えているので、木々に一定の間隔が保たれており、これまた収穫しやすい。

DSCN1330_convert_20180103081020.jpg

1時間程一緒にさせてもらったが、かごの半分くらいしか収穫できなかった。

この赤い実を1週間天日干しすると、乾燥した黒い実に変わる。
これを機械か手作業で脱穀すると、生豆が出てくるという過程だ。

DSCN1182_convert_20180103072413.jpg

1つの実にコーヒー豆は2粒だけ。
(写真は3粒になってますが…。)

本当に手間隙かかってるんだなぁ、と実感。
コーヒーを飲むときは、一旦、口も手も休めて、大事に大事に飲まないとな。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://mocotachachamaru.blog.fc2.com/tb.php/363-ffaaf2ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Ethiopia part3 «  | BLOG TOP |  » Ethiopia part1

プロフィール

Orange☆

Author:Orange☆
今年、めでたく三十路の仲間入りを果たしたOrange☆と申します。
8月からチャリを持って、世界をちょこっと旅しようとかと思っている者です。

以後、お見知りおきを♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (361)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。