FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Brukina Faso part5

12月27日

今日から未舗装道路を走る。

DSCN1914_convert_20180115194052.jpg

道路建設中。
「ここは近い将来、未舗装道路ではなくなるのかぁ。」
そう思うと、ここを走ることが貴重なことのように思える。

途中、MAPS.ME(地図アプリ)に博物館があると表示されていたDouroulaに立ち寄った。
BoboDioulassoボボデュラッソ以来、アニミスとマスクが気になってしょうがないのだ。

マスクは展示されているか尋ねると、「ある」と。

DSCN1929_convert_20180115190707.jpg

うん、ない!笑
(でも、マスクを展示する予定はあるのか、マスクを展示するスペースは確保されていた。)

そこで、最近気に入っている質問を投げ掛けてみた。
「2月にマスクのお祭りがあるのは知ってるけど、今はどこにあるの?」
最初は「知らないよ。」と返ってくる。

「役場?警察?あなたのお家?」と聞くと、「シークレットだ!」と笑いながら返ってくる。
どこの村でやっても、同じ結果だ。

何で気に入っているかというと、「お金を払ったら見せてあげる」って言われないのが嬉しいのだ。
お祭り自体はツアーも組まれているくらい観光業が携わってきてるけど、「"お金よりも大切なもの"をこの先も守っていってほしいなぁ。」なんて、観光客の私が思うのもおかしな話だけど、思う。

再び走り出し、56km地点のZabaを過ぎようとした時、可愛らしい建物が目に入る。

DSCN1956_convert_20180115192402.jpg

帽子を被ったGrenier(グルニエ:穀物倉)。
中にはミルやメイス(とうもろこし)が入っていて、chapeau(シャポー:帽子)は雨季に被り、乾季に外すそうだ。
(今、乾季だけど被ってるのは何でだ?)

この村にも宿泊施設?はあるらしく、もっとグルニエが見たい私はここに泊まることにした。
が、満室…。

諦めて5km先の大きめの町に行こうとすると、案内してくれたPatriceがお家に案内してくれ、部屋を1つ用意してくれた。

「泊めてもらうのにすぐ部屋にこもるのは失礼だな」と思って、お父さんとPatriceと話をして過ごしていたが、こっそりあくびをしているお父さんを見て、付き合ってもらっているのは私の方だな、と気付いた。

申し訳ないというより、嬉しかった。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://mocotachachamaru.blog.fc2.com/tb.php/371-74144997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Brukina Faso part6 «  | BLOG TOP |  » Brukina Faso part4

プロフィール

Orange☆

Author:Orange☆
今年、めでたく三十路の仲間入りを果たしたOrange☆と申します。
8月からチャリを持って、世界をちょこっと旅しようとかと思っている者です。

以後、お見知りおきを♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (361)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。