FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Niger part3

<トゥアレグ族に会いたい ~アガデス~>

アガデスも宿代は高め。(探せばあるかも…。)
空港近くのAuberge TAGULMOUSTに宿泊。(25000CFA。wifiなし。ホットシャワーあり。)

早速アガデスの町を散策。

DSCN2502_convert_20180217003612.jpg


DSCN2498_convert_20180217010917.jpg

モスク。
マリのDjennéジュンネ、ブルキナのTiébéléティエベレでも見た、角の丸い建物。
スーダンのヌビア地方の様式らしい。
人の移動とともにいろんなものも持ち込まれているんだなぁ。


DSCN2513_convert_20180217010404.jpg

ニアメと比べて、砂埃はものすごく多く、風は強く、気温は低め。
みんないろんなものを巻いて、目や口を砂埃から守っている。

ターバン姿を多く見かけるようにはなったが、私が会えると想像していた民族衣装やアクセサリーを身に付けたトゥアレグ族はいない。
でも、みんな正真正銘、トゥアレグ族。

ちょっとガッカリしながらも、トゥアレグジュエリー屋さんを探す。

DSCN2497_-_繧ウ繝斐・_convert_20180217002608

偶然見つけた、SONEF transport(バス会社)近くのジュエリーショップ、SIDIさんのお店。

おじいちゃんの代から続く老舗。
作っているところも見学できるし、値段交渉が苦手な私にとって値段が決まっているこのお店は、安心できるお店。

楽しく買い物を終え、今度は情報収集に繰り出す。

たくさんある村の中でアガデスを選んだのは、200kmほど離れた場所にある
Teguidda N'tessounmt ティギダンテッスムにある塩田も見に行きたいと思ったからだった。

その塩田はまるでカラフルな月面世界のようで、お得意の一目惚れ。笑

ただ、道が悪いためバスはなく、車をチャーターしないといけないのだ。
数人と交渉してみたが、一番安い値段で日帰り100000CFA(2万円)。
出せない額ではないし、日本から来るとなるとものすごい時間・手間・お金がかかる。

「行くんだ!私!!」って思うんだけど、値段交渉が始まった時点で、「本当はいくらが妥当な値段なんだろう?」とか、「本当に約束守ってくれるのかな?」とか考え始めてしまった。
「行ってよかったー!」と言って喜んでいる自分が想像できず、宿に戻ることに…。

するとAubergeのムッシュに、「トゥアレグの家に泊まりに行くか?」と誘ってもらい、急遽お泊まりが決定した。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://mocotachachamaru.blog.fc2.com/tb.php/382-17cc7744
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Niger part4 «  | BLOG TOP |  » Niger part2

プロフィール

Orange☆

Author:Orange☆
今年、めでたく三十路の仲間入りを果たしたOrange☆と申します。
8月からチャリを持って、世界をちょこっと旅しようとかと思っている者です。

以後、お見知りおきを♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (361)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。