FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Niger part4

<トゥアレグ族に会いたい ~お泊まり~>

宿の従業員のムッシュのお宅にお泊まり。

夜はみんなでビデオ鑑賞。
ムッシュが気遣ってくれ、トゥアレグ族のビデオをつけてくれた。
テレビの中には私が会えると思っていたトゥアレグ族がいた。

DSCN2597_convert_20180217012029.jpg

chameau(シャモー:ラクダ)のレースの優勝者にお祝いを渡す場面。
ラクダがこんなに速く走れるなんて知らなかった。
どうやら、お祭りや結婚式の時に正装するらしい。

その後は近所の若者も集まり、インド映画を2本。
どちらも警察の手に負えない悪者をやっつける軍団、というストーリー。
私には戦闘シーンはコントに見えた。笑

初めて床が砂、壁が草という部屋に泊まったけど、この日の気温なのか、周りが木に囲まれているからか、毛布があったかかったからか、寒さで起きることはなかった。

(ゴザやベッド、マットなどがあるので砂に直接座ることはなく、中での過ごし方は普通の家と変わりない。
でも、砂に痰を飛ばすことはある。苦笑)

朝起きると、違う建物に呼ばれる。

DSCN2545_convert_20180217011901.jpg

ここは暖をとる建物。
朝晩こうやってみんなで集まるんだなぁ、とほっこりした。

私にだけ半分のパンと砂糖たっぷりの粉ミルクが出る。

ムッシュが出ていった後、みんなで分ける。
私が均等に分けると、大きい子が小さい子に多く配分しなおす。
これがアフリカでは当たり前なんだろうけど、私から見ればみんな同じ"子ども"だから、ちょっと切なくなる。
でも、切なく思うことが失礼なことのように思えて、「良いお姉ちゃん達だ。」と心の中で言い直す。

ただ、大きい子たちはお手伝いをしながらおしゃべりを楽しんだり、遊んだりすることも、ちゃんと知っている。
そんな姿も知ると切なさは薄れ、救われた。

このお宅には7人の子どもがいるのだけど、三女のアミナトゥは一番フランス語が話せるからか、私のお世話係をしてくれた。
そのアミナトゥが走ってやって来て、キーホルダーの金具のような輪っかを持ってきた。
「何これ?」と聞くと、満面の笑みで「Souvenir!(スーブニール)」と答えた。

フランス語でSouvenirはお土産と思い出という意味がある。
自分の持っているものの中から一番キラキラしたものを選んでくれたのかな?なんて思うと、もうただの輪っかじゃなくなる。

かわいいSouvenirをいただいた。

DSCN2562_convert_20180217011653.jpg

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://mocotachachamaru.blog.fc2.com/tb.php/383-5137ab4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Niger part5 «  | BLOG TOP |  » Niger part3

プロフィール

Orange☆

Author:Orange☆
今年、めでたく三十路の仲間入りを果たしたOrange☆と申します。
8月からチャリを持って、世界をちょこっと旅しようとかと思っている者です。

以後、お見知りおきを♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (361)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。