2018-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Benin part6

Ouidah観光:Gate of no return>

DSCN3430_convert_20180301174726.jpg

帰らずの門。
ダホメ時代の奴隷貿易の港。

銃火器の輸入するための大きな収入源として奴隷貿易が行わえて、この港から多くのアフリカ人が旅立っていったと言われている。
(この門だけじゃなく、ちゃんと博物館にも行かなきゃいけなかったな…。)



Ouidah観光: Temple des pythons>

DSCN3378_convert_20180301165033.jpg

ニシキヘビの寺。

Ouidahはベナンの国教:Vodun教の聖地。
(英語読み:ブードゥー、フランス語読み:ヴォドゥン)

ブードゥー教を知りたくて、英語も話せるガイドに説明してもらった。
まず、一言目に言われたのは、「ネガティブなものではなく、ポジティブなものである。」ということ。
(動物などの生贄を用いた呪術を行うから「怖い」とか、「呪う」みたいなネガティブなイメージがあるのだろうけど、「魔除け」や「お守り」など他人や自分の幸せを願うポジティブなものだよ、という意味だと解釈した。)

その他に教えてもらったのは、
・アニミス(自然界のすべてに霊が宿るという信仰。例えば水の精霊、木の精霊とか。)とは違う宗教。
・多神教。

DSCN3336_convert_20180301164239.jpg

・ブードゥー教の最初の神は、2匹のニシキヘビ。
DAGBE KPOHOUN(フォン語で短いヘビ。雌。)
DAGBE DRE(長いヘビ。雄。)

DSCN3338_convert_20180301170945.jpg

・その後に、OGUN(オグン)など、他の神が現れた。
OGUN(オグン)は鉄の神で、仕立て屋さんやカメラマン、床屋さんなどの多くがこの神を信仰しているらしい。

正直、ピンとこなかった。苦笑
ブードゥー教の人とお話ができたら良かったなぁ。



Ouidah観光: Forest de Sacret>

聖なる森には独特の姿をした神たちの像が並べられていた。

DSCN3399_convert_20180301171755.jpg

DSCN3400_convert_20180301172127.jpg

DSCN3396_convert_20180301173532.jpg

DSCN3408_convert_20180301174101.jpg

神話を知らないから「かわいい!」とか「不思議の国みたい!」としか感じられなかったけど、それでもここの雰囲気は好きだったなぁ。


2月27日
41km走って、Cotonouに到着。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://mocotachachamaru.blog.fc2.com/tb.php/393-8121d3bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Benin part7 «  | BLOG TOP |  » Benin part5

プロフィール

Orange☆

Author:Orange☆
今年、めでたく三十路の仲間入りを果たしたOrange☆と申します。
8月からチャリを持って、世界をちょこっと旅しようとかと思っている者です。

以後、お見知りおきを♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (361)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。